雷門旅館

お電話でのご予約・お問合せ03-3844-1873

雷門旅館の歴史History

1947年 昭和22年12月

戦後間もないころ 中庭のある木造二階建の
雷門旅館 を創業いたしました。

1960年 昭和35年

松下幸之助氏より雷門が寄贈されました。

1972年 昭和47年

1972年まで浅草には路面電車が走っていました。

1978年 昭和53年

隅田川の花火1733年から始まった両国の川開きの日に水神祭を実施。
その際に花火を打ち上げたのが、現在の花火大会のルーツとされています。
戦争など数度の中止と1961年~1977年まで隅田川の水質汚濁のため中断されましたが1978年に「隅田川花火大会」と名をかえて再開されました。

1979年 昭和54年5月

近代的なビルに建て替え ホテル雷門 に名称を変更いたしました。

2010年 平成22年

2010年ころよりお客様の国際化が徐々に進み、
数年後からは大きな割合を占めるようになりました。

2019年 令和元年

2019年 竹山聖氏の設計により美しい和の設えを生かした
地上7階建 和風旅館が落成いたしました。
“和を愉しむ”をコンセプトに創業時の 雷門旅館 に名称をもどし、
和の文化と伝統を重んじて新たな時代へ幕を開けました。

現在、浅草には世界各国より多くの観光客が訪れています。